飛躍的に高まる

畿内なのか、九州なのか、邪馬台国の実際の場所について、長年議論がありました。
邪馬台国には卑弥呼が暮らしていたと言われ、歴史的に重要な場所です。

ところが10日に奈良市教育委員会が発表したところ、
奈良県桜井市の纒向遺跡で3世紀前半の大型建物遺構を確認したと
奈良の教育委員会が発表しています。

3世紀前半となると女王卑弥呼が活躍した時期と重なる事になり、
しかも当時の建物としては国内最大級の大きさのものが発見されたそうです。

この建物は卑弥呼が住んでいたとみる専門家もいる事から、
今回の確認は畿内説に大きく有利な発見となったようです。

建物の大きさは柱穴などから東西12.4メートル、
南北19.2メートルと推定され、高床式で東西どちらかが
正面と思われます。

出土した土器などから考えると3世紀初頭から半ばころまで
存在していたという可能性が強いそうです。

これを受けて九州で卑弥呼の居住跡を発掘しようと頑張っていた人たちが
何と思ったかを想像すると少し気の毒なような気もします。
でも卑弥呼は一人しか存在しなかったわけです。
畿内だったということがはっきりすれば、今後の古代遺跡についての研究も、
飛躍的に高まるのではないかと思います。